雑談

171016

●一日ほとんど、研究に関わる書籍の翻訳に費やしていた。Pier Vittorio Aureriという人が執筆した「The Possibility of an Absolute Architecture」の一部のテキストと、彼が編集した「The City as a Project」という本に掲載されている、Christopher C. M. …

171013

●「アウトレイジ 最終章」にむけて、前作と前前作を見直した。厳格な「ヤクザ的ロジック」のもとおこなわれる、スジの取り合い・取られあいのゲーム。振り子の幅がどんどん大きくなっていくように、小さなイザコザが最終的に大きなバイオレンスへとつながっ…

170827_2

●今年度の日本建築学会大会が、8月31日から4日間、広島で開催される。ぼくは9月2日に発表する予定なのだけど、1週間ほど前乗りして、きのうから、高松に乗り込んでいる。というのも、例年、学会が地方であるたびに、その前後で時間を取り、有名建築をみる旅…

170824

●高山にふらっといってきた。「キュルノンチュエ」というソーセージやさんがとてもよかった。「白かび熟成乾燥ソーセージ」というのがこのお店の看板商品で、カマンベールチーズなどと同じく、白菌胞子でコーティングして熟成・乾燥されたサラミで、癖が強い…

170822

●木場公園にいってきた。都内の公園にしては規模が大きく、見晴らしの良い環境に、日陰と人と動物がほどよいバランスで配置されている感じがとても心地よかった。自分にとっては色々と思い出もあり、ちょっと特別な公園なので、またくると思う。 ●富山で撮っ…

170820

●今日の「日曜美術館」がおもしろかった。大友克洋が、ブリューゲルの「バベルの塔」の内部空間を構想する過程がおさめられていた。大友さんは構造的にどういった形状ならばこの建物は成立するのか、や、どういった建築的ディテールが必要か、ということしき…

170817

●ぼくが使用しているカメラ(Canon AE-1 Program)は、父の友人のOさんから譲っていただいたものだ。知人や祖父などから、デジタルカメラの登場により使用しなくなったフィルムカメラが、お下がりとしてまわってくる…と、ぼくらの世代はちょうどそういう年回り…

170814

●近所に写真屋がなく、田舎で撮った写真がなかなかアップできない。ぼくの実家は下新川郡の朝日町というところで、新潟との県境にある辺境の町なので、しょうがないのだけど。 ●おととい、高校の陸上部のOB ・OGでバーベキューをした。一緒にリレーを走った…

170813

●富山では有名なラーメン屋である、「大喜」の根塚店に行ってきた。富山のラーメンの代名詞である「富山ブラック」は、胡椒がたっぷりと効いた、濃いめの醤油ラーメンだ。この「富山ブラック」の元祖は富山駅前にある「大喜」なんだけどけど、ぼくは、味があ…

170807

●10日から実家の富山に帰省する予定なのだけど、今回はちょいと長めに滞在する予定なので、どの本を携帯していこうか、まよっていた。研究関連の本か、あるいはふつうに小説とかか。でも、建築関連の本などはもっていっても、実家特有のぐーたらしたくなる感…

170801

●はじめて話したのに、ずっと昔からよく知っていたような、そんな強い既視感(デジャヴュ)を覚える友人がいて、不思議な縁を感じている。その人が持っている美的な感覚や、日々の生活の小さな喜びや、世界や他者に感じているであろう閉塞感や悲しみが、なぜだ…

170726

●朝、近所の公園を散歩するのが日課になっている。生活リズムがおじいちゃんおばあちゃんと一緒だ。最近は夏休みに入ったからか、子どもも多くて、虫取りをやっていたりする。近所にこういう、緑の散歩コースがあるのは嬉しいことなのだけど、ベランダに土埃…

170725

●いま上映中の『怪盗グルーのミニオン大脱走』という映画の、主人公のグルー(左)が、誰かに似てる気がする……とずっとひっかかっていたのだけど、やっと思い出した。世界的な建築家である、ジャン・ヌーヴェル(右)だ。コスプレレベルで激似である。思い出して…

170717

●「アマミホシゾラフグ」がすごい。この魚は、お腹やヒレを器用に使い、幾何学模様を産卵床に描くめずらしい習性をもつフグなんだけど、この凹凸は、中心の卵に常に新鮮な海流が届くように設計されているみたいで、いつ環境シミュレーションをやったんだって…

170714

●「QTTA(クッタ)」を食べた。はじめて食べた。 底面が正方形、フタ面が円になっているのが特徴的なデザインなんだけど、「51n4e」という、ベルギーの新進気鋭の建築家が設計したビルディングのデザインを思い出した(というかそれが理由で買った)。51n4eのTID…

170711

●好きな小説家は誰ですかと聞かれると、だいたい庄司薫だと答えている。とくに、「赤頭巾ちゃん気をつけて」に関しては、自分は日本でもトップレベルでこの作品のことを愛している人間ではないかと思ってしまうくらい好きだ(多分いまどき感があるだろうし)。…

170710

●そういえば最近、めっきりフルーツを食べてない。最近というか、上京してひとり暮らしをはじめてからは、めったに果物を買わなくなって、食べる習慣がなくなってしまった。ぼくはとても物ぐさなので、皮をむいたりなんなりすることがとても億劫で、スーパー…

170709

●東京はむしかえるような暑さだった。梅雨の終わりと夏の、ちょうどあいだにある猛暑日が、きょうだった。きょうのような、湿度があるジトッとした暑さは、真夏のカラッとした日よりも、よりいっそう暑く感じる。ぼくのアパートから駅までは、だいたい歩いて…

170706

●NHKでやっている「日本人のおなまえっ」という番組を毎週けっこう楽しみにしている。日本人の名字は、当時の暮らしの状況や人々の価値観、地理的・政治的な状況に由来するもので、文化人類学的な興味の対象としてとてもおもしろい。ただし古舘さんがちょい…

170704

●研究室の同期で、同じく博士課程にいる堀越一希がHPを開設したみたいなので紹介しよう。ちなみにこれまでこのブログでは、知人を登場させる際はアルファベットで表記していたが、堀越の場合、H越と書くと若干いやらしい感じがするので、本名で書こうかと思…

170701

●蒸し暑い日が続く。今日から「どうぶつ奇想天外」が復活するみたいでうれしい。小さい頃は千石先生にすごくあこがれていて、あと漫画の「動物のお医者さん」がとても好きだったので、高2くらいまでは獣医学部を目指していた。ハスキーと触れ合いたい。 ●6月…

170629

●スカイリムにドハマリしたのがもう5年も前のこと。the elder scrollsスリーズの続編はまだか!という書き込みをネットで見て、うーん確かにそろそろ来てもいいよなあと思った。スカイリムが2011年で、オブリビオンが2006年。そろそろ来てほしいところ。それ…

170627

●6月に撮った写真⑬。乃木坂で撮った猫さん。散歩してて猫とか犬とかに出会うとフィルムが一気にもってかれるから困る。タヌキとかヤギとか馬とかと出会うともっとやばいと思う。あぁ、ヤギとたわむれたい。写真家は猫好きだよね。アラーキーとか深瀬昌久とか…

170625

●この記事の#8、すげーカッコイイと思ってしまった。 ●そういえばぼくは建築の設計を専門にしているから、まちのなかにあるヘンテコだけどかっこいい建物の写真を撮りためている。癖といってもいいくらいだ。そして、そういうものを、歴史上の名建築や近現代…

170624

●代々木体育館。この日はプロバスケットボールの試合やってた。Bリーグの決勝戦とのこと。いつか内部に入ってみたいなと思う。アグファのフィルムはじめて使ったけど、ちょっとピーキーで使いづらいかなという感じ。 ●ベルセルクの新刊を買った。もうほとん…

170621

●柏市に引っ越したのは今年の4月のこと。それまでは大学の近くの流山市に住んでいた。引っ越しのときに決め手となったのは、近くにパン屋があるかどうかだった。焼きたてのパンが気軽に食べられるかどうかで、日々の生活の豊かさは結構変わる気がする。パン…

170620

●さいとうと上野で飲みながら、プロジェクトに関するミーティングをしたり、博士課程にいる間の活動についてとか、いろいろ話した。異なるキャラクターを持った人同士が集まり、そこで共同したりしなかったり、個人のプロジェクトを勝手にやったりしながらも…

170617

●最近、ドレスコーズの「平凡」をよく聞いている。すごくかっこいい。毛皮のマリーズのころからそうだけど、志磨遼平は典型的な、「コンテンツからコンテンツをつくる作家」だ。アニメからアニメをつくる庵野秀明や、映画から映画をつくるタランティーノのよ…

170615_牯嶺街少年殺人事件

●ぼくの最も好きな映画は、エドワード・ヤンの「ヤンヤン夏の想い出」だ。エドワード・ヤンの映画はそれくらい好きなのだけど、彼の代表作である「牯嶺街少年殺人事件」は見たことがなかったので、今回デジタルリマスター版を柏で見ることができたのはとても…

170611「Cine Still Film 50D」

●昨日、柏のキネ旬シアターで「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」をみた。この映画、上映時間が4時間もあるので、その間に予約投稿状態にしておいた下書きの記事がアップロードされてしまっていた…。恥ずかしい…。ちなみに映画には本当に衝撃を受けた。…