170820

●今日の「日曜美術館」がおもしろかった。大友克洋が、ブリューゲルの「バベルの塔」の内部空間を構想する過程がおさめられていた。大友さんは構造的にどういった形状ならばこの建物は成立するのか、や、どういった建築的ディテールが必要か、ということしきりに分析していて、思考がすごく建築的だった。あと、藝大のプロジェクトとして紹介されていた模型もすごかった。とんでもない作業量じゃないか。実はバベルの塔は円形平面ではなく、巨大さを強調するため、正面にむけてゆがめられた楕円状の平面形態をもつ。特定の視点場にむけて、デフォルメされた3次元形態という感じ。もちろんブリューゲルは構造や平面形状に関して、そこまで精密に考えていなかったと思うけども、2次元を3次元化する過程で、作者=ブリューゲルが想定もしていなかった形態と、それを成立させるための3次元的なアイデアが『発掘』される、というのは、とても興味深いものだった。来週の「日曜美術館」は日本の住宅建築を特集するみたいだ。「代田の町家」や清家清の自邸の映像がちらっと映っていた。みなければ。

●富山で撮った写真⑥。田舎にはかっちょいい小屋や蔵がたくさんあります。

f:id:o_tkhr:20170820204612j:plain

f:id:o_tkhr:20170820204927j:plain

f:id:o_tkhr:20170820210221j:plain

(Canon AE-1 Program, FD F1.4 50mm, Portra160)

170819

●富山で撮った写真⑤。自宅の納屋には毎年ツバメが巣を作る。今年は雨が続いているせいで、あまり外で活動できていない様子だったけど、なんとか飛行訓練に励み、越冬の渡りにむけて体力をつけていってほしいと思う。そしてまた来年、帰ってきてほしいなと思う。

f:id:o_tkhr:20170819172204j:plain

f:id:o_tkhr:20170819172217j:plain

f:id:o_tkhr:20170819172223j:plain

(Canon AE-1 Program, FD F1.4 50mm, Portra160)

170818

●東京に戻ってきた。東京というか、東京寄りの千葉に。

●富山で撮った写真④。お墓参りにいったときの。

f:id:o_tkhr:20170818212206j:plain

f:id:o_tkhr:20170818212203j:plain

f:id:o_tkhr:20170818212200j:plain

(Canon AE-1 Program, FD F1.4 50mm, Portra160)

170817

●ぼくが使用しているカメラ(Canon AE-1 Program)は、父の友人のOさんから譲っていただいたものだ。知人や祖父などから、デジタルカメラの登場により使用しなくなったフィルムカメラが、お下がりとしてまわってくる…と、ぼくらの世代はちょうどそういう年回りみたいだ。

●それできょう、Oさんに久しぶりに会ったのだけど、なんと、AE-1をさらに2台譲り受けてしまった。左から、今使っているAE-1 Program、色違いのAE-1 Program、マニュアルのAE-1AE-1マニアみたいな感じになってしまった。「家族が増えるよ!やったねAE-1ちゃん!」である。このカメラはなんというか、突出して良いわけでもないけど、まぁまぁ使いやすく安定感があるという、まさに量産機!、というカメラだと思う。ゲルググではなくドムであり、ガンダムではなく陸戦型ジム、である。ひとまず、カラーフィルム用、モノクロフィルム用、ズームレンズ用と使い分けて見ようと思う。

f:id:o_tkhr:20170817180755j:plain

●富山で撮った写真③

f:id:o_tkhr:20170817180528j:plain

f:id:o_tkhr:20170817180533j:plain

f:id:o_tkhr:20170817180537j:plain

(Canon AE-1 Program, FD F1.4 50mm, 記録用フィルム100)

 

170816

●富山で撮った写真②

f:id:o_tkhr:20170816110528j:plain

f:id:o_tkhr:20170816110500j:plain

f:id:o_tkhr:20170816110454j:plain

(Canon AE-1 Program, FD F1.4 50mm, 記録用フィルム100)

170815

●やっとフィルムを現像に出してきたけど、コダックのフィルムは当日現像・プリントできないといわれてしまった。ぐぬぬ。記録用フィルムとNATURA1600があってよかった。PORTRA160も持ってきたのだけど、現像は東京戻ったらにしよう。

●海を撮ってきた。見せたい人がいた。

●富山で撮った写真①

f:id:o_tkhr:20170815205206j:plain

f:id:o_tkhr:20170815205858j:plain

f:id:o_tkhr:20170815205135j:plain(Canon AE-1 Program, FD F1.4 50mm, 記録用フィルム100)

170814

●近所に写真屋がなく、田舎で撮った写真がなかなかアップできない。ぼくの実家は下新川郡の朝日町というところで、新潟との県境にある辺境の町なので、しょうがないのだけど。

●おととい、高校の陸上部のOB ・OGでバーベキューをした。一緒にリレーを走った、とても好きだった先輩に10年ぶりに再開できたりして、とても有意義でたのしかった。ぼくの前後の代は部活内でのカップルが多く、そのうち3組が結婚、うち2組には既にお子さんがいるという、けっこうめずらしい代である。だというのに、ぼくの同期の男子は(ぼくも含めて)ほんとうに女っ気がなく、結婚できなさそうな男子が色々なパターンで揃っている。みんなすごく優秀なのだけど、ちょっとしたダメ感があり、かわいい人ばかりで、会うと元気になる。

●いまやっている、『異世界はスマートフォンとともに。』というアニメがひどい。いわゆる「なろう系」と呼ばれる、異世界転生モノのテンプレ設定そのまんま見させられている感じで、一話見るごとにIQが2くらい下がっていく気がする。異世界転生モノは、ゾンビ映画カンフー映画のように、そういうジャンルだと思えば全然許容できるのだけど、ジャンルモノを扱う場合には、通常よりも設定やストーリーの構造に関し、より工夫が必要になってくると思う(その辺、「異世界食堂」の方はがんばっている)。しかし『異世界はスマートフォンとともに。』に、IQが溶ける際の快感というか、何も考えずに見ていられる気持ちよさみたいなものがあるのは事実で、これに需要があるのはまぁ分かる。でも、これをアニメ化するくらいなら、「小説家になろう」にはもっと面白い作品があるだろうと思ってしまう。「異世界転生」というジャンルの、既に完成された物語の構造に対し、試行錯誤を試みている作品だ。『無職転生』や『転生したらスライムだった件』はベタだけどとてもおもしろいし、アニメ向きだろう。あと個人的に一押しなのは『ラピスの心臓』という、ちょっと硬派な作品。ぜひアニメでみたい。

170813

●富山では有名なラーメン屋である、「大喜」の根塚店に行ってきた。富山のラーメンの代名詞である「富山ブラック」は、胡椒がたっぷりと効いた、濃いめの醤油ラーメンだ。この「富山ブラック」の元祖は富山駅前にある「大喜」なんだけどけど、ぼくは、味があまりにも濃すぎて、駅前の元祖「大喜」は好きじゃない。ただし、「大喜 根塚店」は別格で、ものすごくおいしいので、ちょっと駅からは遠いけれど、富山に立ち寄った際にはぜひ食べてもらいたいと思う。元祖の「大喜」と早い段階で分離したのが「大喜 根塚店」で、他の「大喜」とは名前は同じだが完全に別企業で、当時の味を唯一しっかりと守っている店だと聞いている。ちなみに「西町大喜」というラーメン屋が市内に多数展開しているけど、これは2000年くらいに経営難になった元祖「大喜」から屋号を買い取った企業が展開しているチェーン店で、あんまりおいしくない。注意してほしい。

●8月の写真⑨f:id:o_tkhr:20170813174214j:plainf:id:o_tkhr:20170813174221j:plainf:id:o_tkhr:20170813174225j:plain(Canon AE-1 Program, FD F1.4 50mm, NEOPAN100 ACROS)

170811

●実家に到着。たくさん写真撮るぞ〜と思ってるんだけど、フィルムの現像、プリント、データ化をしてくれる写真屋さんが近くにあるのかしらと少し不安になる。夏だというのに、富山は鉛色の空。梅雨時期みたいな天候が、北陸でも続いているみたい。

●8月の写真⑧

f:id:o_tkhr:20170811202856j:plainf:id:o_tkhr:20170811202644j:plain

f:id:o_tkhr:20170811202849j:plain

(Canon AE-1 Program, FD F1.4 50mm, NEOPAN100 ACROS)

170810

●8月の写真⑦f:id:o_tkhr:20170810211354j:plainf:id:o_tkhr:20170810211439j:plainf:id:o_tkhr:20170810211456j:plain(Canon AE-1 Program, FD F1.4 50mm, NEOPAN100 ACROS)